メイクブラシの大掃除【大切なブラシを末永く使う方法】

クリスマスも終わり、新年が近づいてます!

何かと忙しいこの時期ですが、大掃除のついでに是非メイクブラシの大掃除もしておきたいものです。   
   

メイクブラシは毎日直接肌に触れているために、皮脂や汗などが付着しています。そのまま使い続けると毛の油分にファンデーションやチークのパウダーが付着し、毛がゴワゴワの状態になります。

  
そうすると摩耗して切れてしまったり、傷みの原因に。

さらに汚れたメーク道具は雑菌の温床になり、それがニキビなどの肌トラブルの原因になることも…。女性を美しくするためのメークが、逆にお肌を痛めてしまう事もあるんです(>_<)          

                      

私は優しい中性洗剤かシュウウエムラのメイクブラシクリーナーを使っています↓

 
120mm ¥800

             

カップにクリーナーを注ぎ、ブラシをシャブシャブするだけで汚れが綺麗に落ちます´◡`

  
  

ティッシュオフして乾かすとツルツル滑らかなおろしたてのような肌触りに。とっても気持ちがいいですよ。

ネットでこんな画像を発見しました。。。

  

顔に使う筆がこんな汚れを溜めていると思うとゾッとしますね(>_<)                  

                       

   

頻度はどのくらいが良い?

こまめにお手入れすることが理想的で、1週間~1カ月に1度は必要です。        


クリーナーをした後はぬるま湯ですすいだりする必要はないと書いてありますが、やはりクリーニングと一緒で水洗いが一番キレイになります。               

           
私流ですが、特に綺麗にしたい時はクリーナー後にぬるま湯でしっかり汚れを洗い流し、タオルで水分を拭き取って1日干します。               

   その後、中の方が乾いていないと雑菌がわいてしまって台無しになるので弱いドライヤーの風で中までしっかり乾かします!

これで完璧!!           

大切なブラシですから、しっかりお手入れをして末永く使いましょう。       

                   

                 
私、日向は本日で仕事納めとさせて頂きました。

本年もお世話になりありがとうございました(^^)   

           
来年もどうぞよろしくお願い致します。

                  

           

  

今年もありがとう、私のブラシたち。    

             
make ひなたでした


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

Chelo make
ワンポイントのアドバイスから「骨格分析」「肌診断」を取り入れた本格的フルメイクまでお客様の色々なシーンで輝かせるポイントを引き出します。 自己流メイクにプロのテクニックをプラスする事でキレイになりたい!をお手伝いします。