冬の寒い朝を克服するには

いつもは気持ちよく起きられるのに、冬だけは寒くてなかなか起きれない……。多くの人にとって、冬の朝に起きるのはつらいものです。ついついベッドの中でぐずぐずしてしまい、あわてて会社や学校へ行く人も少なくないと思います。
僕もそのうちの1人です。。

そもそも、寒いとなぜ起きれない?

人間の体温は、眠っている間は低くなり、朝が近づくにつれて上昇する傾向があります。しかし寒い季節は外気が冷たいため、どうしても体温が上がるまでに時間がかかります。

体温が上がらないと、休息モードから活動モードへの切りかえがスムーズにできないため、目が覚めてもしばらく力が入りません。

つまり、寒いと起きれないのは「体温が上がっていないから」です。逆に言えば、目が覚めた直後に身体を温めて、体温を上げることができればスッキリ起きられるようになるのです。

寒い朝に体温を上げるにはコレを使う

体温を上げるといっても「ベッドから出てすぐに熱いシャワーを浴びる」というような方法は現実的ではありません。寒い朝は、そもそもベッドから出ること自体がおっくうになりがちだからです。

そこでオススメなのが「朝」に「ゆたんぽ」を使うことです。具体的な手順は次の通りです。

就寝前に湯たんぽを用意しておく(長時間温度をキープできるもの)
湯たんぽをベッドの脇に置いて就寝
朝目覚めたら、湯たんぽでお腹のあたりを温める
普通のゆたんぽだと朝にはぬるくなってしまうので、かならず長時間温度をキープできるタイプのものを使いましょう。たとえば「湯たロン」という湯たんぽがありますが、これだと8時間くらいは温度をキープできるので、朝になっても温かいままです。
image

お腹のあたりを温めると、じんわりと深部体温が上がって身体が活動モードに切りかわり、スッキリと起きれるようになります。

これで、朝起きれない方も
明日からすっきり起きれるかもしれませんね!

アシスタントのじゅんでした(^-^)


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

release

大阪 心斎橋 にあるヘアサロン release

雑誌、メディアなどで、数多く活躍するスタイリストが在籍。
“質の高いヘアスタイルを求めるひとたちに”
releaseでは女性の”美しくなりたい”という気持ちを大切にしております。ただ技術が優れているだけでなく、お客様の心を形にするために、一人一人と向き合い、お悩みやご要望にお答えし幅広い年代から支持を得るミナミエリア屈指のヘアサロン