【知ってるようで以外と知らない】リンス、コンディショナー、トリートメントの違い。

普段から耳にした事のある言葉。
違いって分かりますか??

リンス、コンディショナー、トリートメントの違い

リンス

リンスは、簡単に言うとコーティング剤みないなものなんです。
油分で髪の毛を覆い、手触りを良くするもの。

コンディショナー

コンディショナーは、リンスとよく似ていますが、油分で髪の毛を覆い手触りを良くするのは同じなんですが、ダメージをしている所の表面のコンデションを良くする事もします。例えば、ボコボコした表面の凹んだ部分を平になるように少し整えてくれる作用があります。《髪のダメージによっては完璧には、平になりません。》

トリートメント

トリートメントは、髪の毛の栄養分です。
リンス、コンディショナーと違って、トリートメントは髪の毛の内部に浸透して、ダメージのある所に栄養分を与えます。
リンス、コンディショナーは、手触りや指通りは良くしますが、あくまで表面にコーティングするものなのでトリートメントとは、全く違います。

いくらリンスやコンディショナーで手触りが良くても髪の毛に栄養が足りてないと、パサつきや枝毛の原因にもなるので気をつけましょう。

よくある質問

トリートメントする時に、コンディショナーもした方がいいんですか??

別にしてもいいと思います。
でも、順番が大事!!!
コンディショナーはコーティング作用があるので先にしてしてしまうと、トリートメントの栄養分が浸透しにくくなるのでする時は、トリートメントをして流した後に、コンディショナーをしましょう。

どうでしょうか??

知ってるようで知らない髪の毛の豆知識。

CREATORコンテンツクリエイター

藤本 和仁
大阪 心斎橋 美容室 release スタイリストフジもんです。 hairStyle、fashion、Lifestyle 、heartの似合わせが得意です。 美容師として「Only One」をモットーに頑張っていきます。 貴方のお手伝いをさせてください。