スキンケア☆美肌☆を保つ手順

こんにちは♪

スキンケア方法って、やり方で合ってるのかな?と不思議になったことはありませんか?

手順ごとに役割があり、しっかり理解して自分の肌に合った

丁寧なスキンケアを行うことで、「美肌」を保つことができます(0^^0)♪

基本的な順番は

①洗顔

②化粧水

③美容液

④乳液

⑤クリーム

の順番に行います(^^)

(使用する順番はメーカーによって異なる場合があります。)

ですが、中には乳液が先のほうがファンデーションののりがいい!

と言われる方もいらっしゃいます。

もちろんそんな方は自分に合った順番でいいと思いますが、

手順によってスキンケア品の浸透度合いが異なってくることもあります。

特に化粧品の使い方に順番が指定してあるものは、

それぞれの順番を守らないと良い効果を発揮できない場合もあります。

まず、クレンジングで化粧汚れを落とします♪

朝からつけていた化粧品は途中からお直しで塗り重ねることもありますが、長い時間メイクを塗っているとそのまま化粧品が劣化したり、つけたメイクが酸化したりすることもあります。

そのため、メイクをしたままその上から保湿アイテムを塗り込むと、メイクと保湿が混ざり、汚くなりますし、保湿ができなかったり劣化したメイクと交じることで保湿やスキンケアに悪い影響が出ます。

次に、洗顔♪クレンジングでは落ちなかった顔の汚れや角質を落とす事になります。クレンジングでは落ちにくい顔の汚れとは、顔に溜まった角質や皮脂、あるいは落としきれなかったクレンジング、メイク汚れなどを落とすことができます。

最近はメイクの持ちをあまりよくしない代わりに、肌に優しく落ちやすいメイクアイテムも多く、洗顔だけで落ちるのでクレンジングが必要ないというものもあります。しかし、大体の場合はクレンジングをしてからの方が良いと思います♪

化粧水はお肌に水分を与え、美容液は美容成分や保湿成分をたくさん与えます。乳液は寒い時期には肌に足りない油分を与えますし、クリームはより油分や濃い美容成分を与えます。

特に油分と合わせることで肌に浸透しやすくなる美容成分は乳液やクリームに配合されており、一方の美容液では保湿をしっかりできるのです。

この順番が乱れると、例えば先に油分の多いクリームを塗ることで化粧水の水分や保湿成分が浸透しなくなったり、乳液だけだと肌が油分だけの状態になり肌の皮脂バランスを崩してニキビや肌荒れの原因になったりすることもあります。

ブランドによってはプレ美容液ということで洗顔後に美容液をつけてから化粧水をつけることもあります。ブランドが指定する特別な順番が無いようでしたら、王道と言われる順番を参考にしてみてください☆

ちなみに、年齢によってはクリームをつけると皮脂が多くなりすぎて肌荒れの原因になることもあるので年齢によってアイテムを使い分けることも大切だと思います(^^)♪

岡田栞

 


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

release SEMBA
当店では一人一人のお客様としっかり向き合い『なりたい』イメージをお客様と担当者で完成する様、心掛けています。 独自の『レイヤーヴェール』カットでふんわりゆる巻きの提案やスタイリング時の説明で明日からの『再現性』を重視しています。 スパも定評があり、ゆったりと過ごせる空間になっております。