日焼けしたくない方に

どうも!上野です!😀
もう7月も終わりに近づいてもうすぐ8月。みなさん日焼け予防はしていますか??😊

1番簡単な日焼け対策として日焼け止めがありますよね!

そんな意外と深く知らない日焼け止めの正しい使い方を一緒に学んでいきましょう💪
1☀️日焼け止めは年中塗る

      紫外線は年中降り注いでいるので春夏問わず年中塗るようにしましょう!紫外線量が最も多いのは意外と真夏ではなく5月ごろだと言われています。
2☀️目的に合わせて使う

     日焼け止めには”SPF”と”PA”という値があります。

「数値が高いやつを使えばいいでしょ!」と思いがちですが、数値が高ければ高いほど肌への負担が大きいのでできるだけ目的別に使うのがオススメです!

SPF→肌を赤くしてしまう紫外線「UV-B」を防ぐ力の大きさを表しています。

例えばSPF1なら約20分効果があります
PA→肌を黒くし老化を引き起こす紫外線「UV-A」を防ぐ力の大きさを表しています。PA+〜PA++++までの4段階あり、+が多い程UV-Aを防ぐことができます

室内でいることが多い方は

SPF20~30、PA++〜

外にいることが多い方は

SPF40〜、PA+++〜

屋外でのレジャー、スポーツをする方は

SPF50〜、PA+++〜

これらを目安に使い分けてみましょう!
3☀️適量を意識する

       日焼け止めを使用量が少ないと紫外線から十分に肌を守ることができません。適量は顔全体で500円玉くらいの量だと言われています。最初に半分くらいを全体に塗り、残りを日焼けしやすい鼻や頬にしっかり塗り込みます。首にもしっかりと塗りましょう!
腕はパール1粒大を2個分くらいが適量で脚はその2〜3倍塗るのがいいとされてます。指にも忘れず塗りましょうね!

 

今は日焼け止め効果がある化粧下地があるのでそちらを使うのがオススメです😊
4☀️しっかり塗り直しをする

       いくら日焼け防止効果の高い日焼け止めを使っていても実は最高でも2時間程度しか効果が持続しないのです。

なので、1〜2時間おきにこまめに塗り直すのが予防には最適です。

スプレータイプの日焼け止めならメイクの上からでも手軽に塗りなおしができるのでオススメです!
この夏、あまり焼けたくない方は是非この使い方を試してみてくださいね😄


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

release
大阪 心斎橋 にあるヘアサロン release 雑誌、メディアなどで、数多く活躍するスタイリストが在籍。 "質の高いヘアスタイルを求めるひとたちに" releaseでは女性の"美しくなりたい"という気持ちを大切にしております。ただ技術が優れているだけでなく、お客様の心を形にするために、一人一人と向き合い、お悩みやご要望にお答えし幅広い年代から支持を得るミナミエリア屈指のヘアサロン