w洗顔のメリットとデメリット

W洗顔とは、クレンジング後に洗顔をすることです^^*

クレンジングオイルが、流行った頃からこの洗顔が主流になりました。

調査によると、メイクをしている女性の9割以上がW洗顔を行っているそうです。

ですが、乾燥やシワなどの女性の肌トラブルが徐々に多発し始めたことで、原因は洗顔方法にあるのではないか?と考えられ、見直され始めました。実は深く考えず、当たり前のようにクレンジングと洗顔をダブルで行っている人というも多いのではないでしょうか?

ここで、W洗顔による肌への影響を考えてみたいと思います。

W洗顔のメリット

メイクをしっかり落とせるので、肌トラブルを予防出来ること (ºωº)!ファンデーションやマスカラ、リップ、チークをしっかりと洗い流すことが出来ます。

メイクが残ることで、そこに付着したホコリや油分なども残ってしまい、それにより肌荒れや毛穴の黒ずみ、ニキビなど様々なトラブルを引き起こしてしまうことになります。

そういった油性成分を多く含む汚れを確実に取り除くには洗浄力の高いクレンジングが最適です。さっぱりとした使用感があり、脂性肌にはおすすめ

特にクレンジングオイルなどは肌残りしやすいため、

石鹸洗浄成分の入った洗顔フォームなどを併せて使う必要があります。

その石鹸成分は、皮脂などをきれいに取り除いてくれるため、

洗い上がりもさっぱりとした手触りにしてくれるので、

汗や皮脂の分泌が多い夏、または皮脂の分泌量が多い人などには特に心地の良い使用感だと思います。

 

 

W洗顔のデメリット

肌を守るバリアを破壊して肌荒れの原因になる

メリットとして「メイクをしっかり落とすことで肌トラブルを予防する」と言いましたが、逆に落とし過ぎることでトラブルを引き起こすというデメリットもあります(ρ_;)

必要な皮脂やうるおいを奪うことで、乾燥肌や敏感肌になりシミやシワが出来やすく、老化の原因になってしまうのです。

また、肌をこする回数が必然的に増えてしまうので、肌を痛め、くすみや色素沈着を進める原因にもなると考えられています。

洗いすぎることで過剰な皮脂分泌を促す

皮脂をきれいさっぱり取り過ぎることで、必要以上の皮脂を分泌するようになってしまいます。

それによって毛穴の詰まりを引き起こし、ニキビや吹き出物の

原因となってしまったり、テカリ肌になってしまいます。洗顔の手間がかかる

単純に、クレンジングと洗顔フォームを使うということで

2度同様の洗顔作業をすることとなるので、時間も手間もかかります。

家事や仕事で忙しい人にとっては、負担となることもあります。

 

以上、W洗顔のメリットとデメリットです。

確かに、メイクなどの油性汚れを落とすことに関しては

界面活性剤を含むクレンジングやオイルが優れていますが、

その分、肌表面のバリアを壊し、負担となることは否めません(ρ_;)

もちろん、W洗顔不要クレンジングであれば、どれを使っても

負担が少ないというわけではありません(ρ_;)

出来るだけご自身の肌質に合った、肌にとって優しい成分で作られたものを選ぶことが大切です(*´・ω・`)/

私はW洗顔のいらないjcのクレンジングを使ってます^^*

ベタつかないしさっぱりしてて

お気に入りです♪使用し始めて2年ほどですが

もう変えられないです^^*

販売も致しておりますので、

是非使用してみてください✩

岡田栞


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

release SEMBA
当店では一人一人のお客様としっかり向き合い『なりたい』イメージをお客様と担当者で完成する様、心掛けています。 独自の『レイヤーヴェール』カットでふんわりゆる巻きの提案やスタイリング時の説明で明日からの『再現性』を重視しています。 スパも定評があり、ゆったりと過ごせる空間になっております。