暖房の付けっぱなしはNG?!~乾燥からくるダメージ~

暖房による乾燥が髪に与えるダメージ

「暖房」で髪の毛にダメージを与えてしまうのをご存知ですか?(∵`)

とくに、乾燥に注意をしなければいけません。

水分の低下によって大事なキューティクルが痛み、毛先がパサパサになってしまいます(´•̥ω•̥`)

乾燥により、髪の毛がうねったり、切れやすくなったり……

見た目が悪くなったりなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

冬のさむい時期は、髪の毛を乾燥からケア・保護することが美しい髪の毛を保つ為には大切です( ੭˙꒳ ˙)੭

乾燥予防
暖房による乾燥を防ぐには、「湿度」を一定に保つことことが大切です。


湿度も多すぎず、部屋全体が潤う程度の湿度が◎喉や肌の為にもなります^^*

最近は加湿機能付き空気清浄機など高性能なものもある為、加湿モードにするだけでバランスが取れた湿度環境を保つことができるようになります。

また湿度だけでなく、シャンプー後にトリートメントをすることやドライヤーで乾かす時は、洗い流さないトリートメントを付けるなど、ケアを行うことで髪の毛の水分を維持し、キューティクルへのダメージを防げます。


乾燥によるダメージの対処法とは?
髪の毛のダメージがかなり気になる場合には、カラーやアイロンなどを少し控えることが必要になります。

カラーではリタッチ(根元)のみにすることも可能なので、ダメージを増やさないようにした方がいいと思います。

アウトバスや日常のトリートメントによるケアでも追いつかなくなるので、ダメージが深刻な場合は、ヘアワックス、ヘアスプレーなどの使用をなるべく控えることが美しい髪の毛を保つ為には大切です。

冬の暖房無し生活は心身ともに厳しくなるので、髪へのダメージを防ぐためには、部屋の湿度を守ること、洗い流さないトリートメントで乾燥から保護すること、ダメージが気になる場合はヘアアイロンやヘアケア剤の使用を控えることが大切です。

ダメージが気になる方は是非気にしてみてください(´•̥ω•̥`)

岡田栞


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

release SEMBA

当店では一人一人のお客様としっかり向き合い『なりたい』イメージをお客様と担当者で完成する様、心掛けています。
独自の『レイヤーヴェール』カットでふんわりゆる巻きの提案やスタイリング時の説明で明日からの『再現性』を重視しています。
スパも定評があり、ゆったりと過ごせる空間になっております。