乾燥の季節です。

こんにちはー(^ω^)

乾燥が気になる季節ですね。
色んな肌トラブルが気になる時期です。

最近私が気になり出したのが
目の下のクマ(*´-`)
一度出来ると中々消えてくれず
厄介なやつです。

クマと乾燥はそんなに関係してなさそうだけどなーと思い、ちょっと気になって色々と調べてみました!

まぶたの皮膚は非常に薄く、皮脂腺も少ないため乾燥しやすい部位でもあり、こすったりするなどの刺激によって色素沈着を起こしやすいみたいです✳︎

あー色素沈着か(*’▽’*)!

言われてみれば乾燥も関係してますね!

クマの種類を
大きく分けると3種類✳︎

茶グマ・・・色素沈着などが原因のクマ
青グマ・・・血行不良などが原因のクマ
黒グマ・・・たるみ、皮膚のへこみなどが原因のクマ だそうです。

茶グマの主な原因は色素沈着。紫外線から受けたダメージや、目をこすりすぎることで色素沈着を起こしやすくなります。
また、乾燥による痒み・化粧品かぶれ・落としきれないマスカラが原因になっていることもあります。

またクマは、目の下にだけできるのではありません。

え( ゚д゚)‼︎?

なんとまぶたの茶グマ‼︎
老化のせいにしたり、上からメークをするので見過ごしたりしがちですが、これもれっきとしたクマなんです。

茶グマの対策としては、美白効果の入ったコスメでケアです✳︎日々のケアとして美白作用のあるビタミンC誘導体配合のスキンケアコスメがオススメみたい。

ということは?

こちらがピッタリですね^ ^

そして次は青グマ!
目のまわりにはたくさんの毛細血管が通っていますがその血液が滞り、目のまわりの薄い皮膚から毛細血管が透けて、青っぽく見えるのを青グマと呼んでいます。
冷え・生活習慣・ホルモンバランスの乱れ・睡眠不足や疲労・ストレス・目の疲れなど原因は沢山。最近ではパソコンを使う人が多いですがパソコンの画面を見続けることで血流が滞ることも原因の1つだそうです!

頑張りすぎに注意( ゚д゚)

青グマの対策としては
マッサージやホットパックなどで血流をよくするのが効果的‼︎マッサージはアイクリームを使い優しく行うのが良いんです(^ω^)強い力でぐいぐい押したり、こすったりしてしまうと逆に色素沈着を起こして茶グマの原因になるのでこちらも注意!

また、目の周りの血流だけをよくするのではなく全身の血のめぐりをよくするためにも半身浴や適度な運動は予防になります(^○^)

そして黒グマ
このタイプには二つの原因があります。

1・生まれつき目の下の脂肪が少ない、または皮膚のたるみの影響でへこみが目立つために影が出来るタイプ。

2・加齢により目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉がゆるみ、眼窩脂肪が突出することによりたるみが生じ、その下にへこみができるタイプ。

どちらの場合もシミではないので、コンシーラーでは隠すことは難しく、メイクで隠そうとして厚塗りをすると余計に目立ってしまいます。

黒グマは茶グマと黒グマの混合型も多く、ケアもそれぞれの対処法を合わせたものになります。色などを見て判断するのが良さそうです(^ω^)!

日々のケアが大事(´∀`*)
コツコツと積み重ねが大事です✳︎

アイデザイナー山田でした。


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

Cheloアイラッシュ

アンティーク調の落ち着いた店内とふかふかなソファーでゆっくりくつろげるサロン。
ベットは6台あり、個室も完備。歴5年以上のスタッフが多数在籍しているので、豊富な知識で、技術も安心。
お客様一人ひとりに合わせたデザインとまつ毛の健康を一番に考えたアドバイスで自まつ毛をキレイにしながら、美しい目元になれちゃう。
ネイルとの同時施術も可能です。今まで満足できなかった方、ダメージなどが気になっている方はぜひ、一度ご相談ください。