カラーリングの色持ちと彩度について

今回はカラーの色持ちと彩度表現のお話しです

 

 

ずばり! 繰り返す事で持ちも格段に良くなり、彩度も鮮やかに。

 

 

ここでまず知っておきたいのは、

 

【同じ色味を繰り返す】です。

 

簡単に言うとピンクならピンク、アッシュならアッシュと、同じ色味でなくては意味がありません。

 

 

例えば、前回はピンクで今回はアッシュで次はオレンジ。みたいな色味チェンジは単純に勿体ない…

 

 

では、なぜか? 下の表を参考にして下さい。

 

 

 

色相環の表ですが赤の反対が緑、黄の反対が青。

 

要するカラーごとに毎回反対色(ピンク→アッシュ)をすると彩度がケンカして鮮やかさ表現が難しくなります…

 

どれくらい彩度の差があるか比べて下さい。

 

 

[Lチェリーピンク Rグレーアッシュ]

 

 

[Lピンクオレンジ Rカーキマット]

 

 

比べてみたら違いは歴然ですねぇ。

 

例えばピンク系のカラーをしたとします。すると日々退色はするものの、髪には多少の色味は残ります。

 

で、また次回ピンクの色を足すと、どんどんピンクが定着していきます。

 

すると退色して明るくなっても色味(ピンク)は残ります。

*これはピンクに限った事ではなくアッシュでもバイオレットでも同じ事が言えます。

 

 

文章でいまいち伝わりにくいと思いますので、最後に一人のお客様の彩度表現を参考して下さい。

 

 

「11月」

 

 

「12月」

 

 

「1月」

 

この方は約1ヶ月半にカラーリングしています。

 

最初の頃よりずいぶんと赤味(ベリーピンク)が表現出来てる様に見えませんか?

 

同じ色味を繰り返す事で確実に彩度が鮮やかに表現でき、かつ退色してもキレイ♪

 

*ただ今回は彩度表現、色持ちについて書いたので来店毎に気分も変わると思うので、色味チェンジは否定しませんし、チェンジを楽しみにしてる方も多いと思うのでその辺りは自由の楽しんでもらえたらと。

 

ただ知っておく事(繰り返す事)で、やりたかった色が再現出来るかも?です。

 

その辺りは担当者も気をつけてカウンセリングするべきだと思います。

 

ではでは~~


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

竹中 大

こんにちは!releaseSEMBA Director の竹中です。年齢、年代問わず美の意識が高い方大歓迎です。【1】似合わせ【2】ライフスタイル、ファッションのテイスト【3】流行。この3つを織り交ぜあなた自身のニーズに合ったスタイルを提案できるよう心掛けています。関西の女性が全員かわいくきれいになってほしいと願っています。