乾燥に負けない髪にするための3つのポイント

この季節は、乾燥によって「パサパサな髪」になってしまった方も多いですよね(>︿<。)

今回、ヘアケアーについて
かきたいと思います^^♡

① 髪の応急処置!?ひどい状態ならまず・・・

髪をブラッシングしただけで、髪に静電気が起きたりする方や整えても髪がボサボサになってしまう方は要注意!(;´Д`)

髪はかなり乾燥による被害を受けてしまっています。
そんな時には、トリートメントでダメージの補修をする事が大事です。

大事なのはただトリートメントをするだけでなく、インバストリートメントとアウトバストリートメントの併用で集中補修をするということ✧‧˚

簡単な方法は・・・

インバストリートメントをつけてから、蒸しタオルを巻いて10分放置するだけで、まとまりある髪に生まれ変わります。

またアウトバストリートメントをする時は保湿力のあるオイル製品を選び、キューティクルの補修と潤いを閉じ込めましょう。✧(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑✧

② 内側からのケアが大事

美肌を目指すスキンケアと同じように、外からのケアも大切ですが内側からもヘアケアーも大切になってきます( ˙ω˙ )/

髪はたんぱく質が主成分。

そのため良質のたんぱく質を摂取すると、髪を強くしてくれるので
良質なタンパク質をとるためには
赤身の肉や魚、卵や大豆製品を進んでとっていきましょう(´⸝⸝•ω•⸝⸝ `)

③ 毎日髪を洗う時はケアの心を忘れずに

せっかく毎日髪を洗うのならば、ただ髪を洗うではなく、「髪を綺麗にケアするのだ」という心をもって髪を洗って下さい。
そうすることで同じ「洗う」「乾かす」でも、それに掛ける時間も丁寧さも変わってくるのです。

シャンプー

まず、お湯ですすぎをしっかり行いましょう。

ポイントはすすぎ時点で、髪についたホコリや油分を全て落としてしまうくらいに長くすすぐということです!!

その理由は、洗いすぎは余計に頭皮の皮脂を招いてしまう恐れがあるので、シャンプー時はゴシゴシ洗うのではなく、揉みこむように優しく洗いたいから。
もちろんタオルドライをするときも、優しく拭くことをお忘れなく。

トリートメント

トリートメントはなんとなくつけているだけの方も多いと思いますが、実は量と浸透させる時間に注意が必要です。

量は多すぎも少なすぎもNG!(;;゚; ;゚;)
乾燥をしやすい毛先を中心につけていきましょう。
頭皮についても大丈夫ですが
十分に流しましょう(^ω^)

また浸透させる時間は10~15分がベスト♡
蒸しタオルを巻いて浸透力をアップさせるともっと効率良いです(*^_^*)

ドライヤー

ドライヤーをかけずに、濡れた髪のまま自然乾燥させるのは絶対にやめましょう!

洗いたての髪はキューティクルが開いたままなので、ダメージの原因になります。
ドライヤーの前にヘアオイルをつけて、キューティクルを押さえるようにして乾かすと髪自体がしっとりするので◎!

髪も肌もメイクも360度完璧な私へ

乾燥したパサパサな髪は、身なりをきちんとしたつもりでも、周りの人からはだらしない印象に見られたり、不潔感を与えてしまったり。
そう、あなたのせっかくの魅力を半減させてしまうのです(இДஇ )

今日紹介したヘアケアーを取り入れれば、乾燥によるパサパサな髪でも大丈夫!\(^^)/
春本番前には、潤いのある髪美人に生まれ変わるかもしれません。

是非お試しください(´⸝⸝•ω•⸝⸝ `)♡

岡田栞


綺麗を叶えるドライヤー、パドルブラシ
復元ドライヤー、パドルブラシ

今SNS、雑誌などで話題の全身に使えるドライヤー 髪の毛を綺麗にする、綺麗を維持する事を本気で考えて作られたドライヤーだからこそ、お客様自身が実感し今も口コミで広がりつつけています 一度体験してみてください

CREATORコンテンツクリエイター

release SEMBA

当店では一人一人のお客様としっかり向き合い『なりたい』イメージをお客様と担当者で完成する様、心掛けています。
独自の『レイヤーヴェール』カットでふんわりゆる巻きの提案やスタイリング時の説明で明日からの『再現性』を重視しています。
スパも定評があり、ゆったりと過ごせる空間になっております。